兵庫県の補正予算が成立 実質無利子の融資、休業要請での支援金など

 兵庫県議会は24日に開いた臨時議会の本会議で、2020年度予算の4月補正予算案を全会一致で可決した。新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業向けに、実質無利子で融資を受けられるようにする制度創設に向けた関連費用や、休業要請に協力した企業・店舗への支援金などを盛り込み、3916億円規模の補正予算だ。

 兵庫県の井戸敏三知事は「国の緊急経済対策を踏まえ、第1に感染拡大防止対策の強化と医療・検査体制の充実、第2位に地域産業・県民生活への支援、第3に収束後の地域の元気作りを基本方針とする緊急対策補正予算を編成した」などと説明した。臨時議会は24日の1日限りを会期とし、補正予算案を可決し閉会した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告