川重、中国の造船所でばら積み船を引き渡し 4基のクレーンを装備

20200422川重ベルゲトロナドール

 川崎重工業は、中国大連市の造船所である大連中遠海運川崎船舶工程(DACKS)で、ばら積み船「BERGE TRONADOR(ベルゲ・トロナドール)」を船主のスカイトランスオーシャンに引き渡したと発表した。穀類、石炭、鉱石、鋼材などの貨物を搭載できる5つの船倉を備える。甲板には4基のクレーンを装備し、荷役設備がない港湾でも貨物の積み下ろしができる。21日に引き渡した。

 低燃費型の電子制御式ディーゼル種期間を搭載。抵抗が少ない滑らかな船首の形状や、推進効率が高いプロペラ、川重独自の形状を持つラダーバルブといった船底の形状の工夫などで燃費を向上。2013年に発効した、国際海事機関(IMO)による排ガス規制「EEDI」のフェーズ2に対応している。
 
 全長199.90メートル、幅32.24メートル。深さは18.60メートルで、満載喫水は13.00メートル。総トン数は3万4629トンだ。載貨重量は6万1087飛んで、貨物倉容積は7万7539立法メートル。航海速力は約14.5ノット、乗船定員は25人になっている。リベリア船籍。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告