スカイマーク、神戸〜羽田の運航2往復に さらに1往復減便で・22〜30日

20191030スカイマーク

 スカイマークは22〜30日の減便を追加すると発表した。神戸発着便では、神戸〜羽田をさらに1往復減便し、運航するのは29日を除いて2往復になる(29日は追加の減便がなく3往復を運航)。通常のダイヤで神戸〜羽田は7往復半あるが、新型コロナウイルスを巡る政府の緊急事態宣言の対象が全国に広がったことで、さらに航空需要が後退すると見込む。

 スカイマークの佐山展生会長は18日に同氏のツイッターを通じて、足元の利用状況を明らかにした。17日の利用状況は「通常より2/3減便し3割少し(の)運航でも搭乗率やっと20%」だった。この日の搭乗者数は例年の1割弱に当たる約2000人にとどまったという。(写真はスカイマーク機=資料)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告