井戸兵庫知事、休業要請「地域で規制をする場合は同じ対応必要」 大阪と足並み

 兵庫県の井戸敏三知事は14日朝に電話で出演したラジオ番組で、15日から企業や店舗などに新型コロナウイルスの感染防止を目的に休業を要請することに言及した。政府が緊急事態を宣言している7都県のうち大阪府と兵庫県が隣接していることから、井戸知事は「大阪が休業要請するのに隣の兵庫(で規制が)が抜けていると、兵庫に(多くの人が)集まってしまう恐れがある」と指摘。このため「地域で規制をする場合は、地域内で同じような対応をとる必要がある」と述べ、大阪府と足並みをそろえた休業要請の重要性を強調した。

 井戸氏は聴取者からの質問にも答え、インターネットカフェは遊興施設のため休業に協力して欲しいと説明。書店では、100平方メートル以上の大きな書店に休業を求めるとも話した。ちょっとした娯楽は必要という、「おっしゃる意味は私も十分に分かるが、問題は接触感染で、いかに人と人との接触の機会を減らすかが重要な課題」と改めて説明。今回の休業要請に理解を求めた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告