MORESCO、株主優待制度を縮小 株主数増加でコスト高に・3年超保有のみに

 MORESCOは13日、株主優待制度を変更すると発表した。これまで100株以上を保有する株主に、3年未満の保有では2000円相当の兵庫県の物産品、3年以上の保有で同3000円相当を配布してきた。今後は100株以上を3年以上保有する株主だけに、1000円分のクオカードを配布する。2021年2月末の基準日として、株主名簿に記載される株主から適用する。

 株主優待制度を設置した上場直後の株主数や約3000人だったが、現在は2万人を超えた。株主数が増えたことによって、株主優待にかかるコストが膨らんだ。このため株主への利益分配の公平性などを勘案し、株主優待制度の縮小を決めたという。3年以上を保有する株主への優待制度を残したことで、個人株主に長期保有を求める姿勢は強調した形だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告