マリーナや水上レストランを求める声 新港1・2突堤間の水面、対話型調査結果

20191224新港突堤

 神戸市が発表した、神戸港の新港第1〜第2突堤間にある海面の使い方をめぐる「サウンディング(対話)型市場調査」の結果によると、マリーナ(ヨットハーバー)や、水上レストランを開設できるよう求める声がそれぞれ複数あった。人工ビーチ・サーフィンプールや、横浜港に係留した「氷川丸」のような大型船を使った商業施設との案も出た。神戸市は今回の結果を、まだ用途の決まっていない新港第2突堤との関係も整理しながら再開発計画などの参考にする。(図=2017年の神戸港将来構想でイメージした同水域)

 神戸港の新港第1〜第2突堤間にある海面は、以前は貨物船が出入りした水域。幅140メートル、長さ360メートルで、面積は約5万平方メートルになる。水深は9.1メートルだ。船舶の大型化や貨物のコンテナ化などで、神戸港の荷役機能はポートアイランドなどに移転。周辺の旧倉庫街は新たな市街地として再開発が進む中、神戸市は今回の対話型市場調査で同水域に民設民営の施設が開設できるかなどを探った。1月9日に開催した説明会、現地見学会にはマリーナ事業者、不動産会社、建設関連会社など15社が参加。このうち9グループから面談による聞き取り調査を2月12〜19日に実施した。

 海面だけでなく陸上施設と連携した利用を求める声も複数あったという。特に大型艇を係留できるマリーナを建設する場合、陸上のクラブハウス施設やレストランなどとの相乗効果が大きくなるという。加えて海外から「スーパーヨット」と呼ばれる全長80フィート(24メートル)超の超大型のクルーザーで日本に入国する訪日外国人観光客のためのCIQ(税関、入国審査、検疫)手続きが迅速できるための施設も必要との指摘も複数あった。

 一方、行政に求めるものとしては、防波堤の設置を求める声が多かったほか、遊歩道や広場などの周辺環境整備などが挙がった。新港第1突堤とメリケンパークの間に橋を架けるなど、両地域間の回遊性強化も必要との指摘があった。このほか、水上に仮設ステージを設置したイベント利用や、水上レジャー・水上アスレチックなどに利用する場合は、そうした水上施設を設置するための土台も行政側で設置する必要があるとの声も出ていた。

▽関連記事
新港第1突堤基部の再開発、住友不などの案に決定 水族館にBMW展示など (2017/10/26)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告