井戸兵庫知事、「休業要請を週明け判断」の報道を否定 補正予算は24日までに

20200410井戸知事

 兵庫県の井戸敏三知事(写真)は10日に記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で政府が兵庫県を含む7都県に緊急事態を宣言したのを受けて、兵庫県が「早ければ週明けの月曜日(13日)にも事業者への休業協力の要請を行うか判断する方針」とした10日午後のNHKの報道を否定した。井戸知事は、かねて緊急事態宣言の効果を2週間程度で見極める意向を示していた。

 東京都の小池百合子知事が10日の記者会見で、感染拡大を防ぐ目的で娯楽施設や大学、劇場などに11日から5月6日まで、休業を要請すると発表したと伝わった。神奈川県や埼玉県も休業要請を実施する。この時点で兵庫県も「判断」を示すとなると、休業要請に踏み切る流れになるが、井戸氏は「まだ時期ではない」との見方を示した。

 一方で、新型コロナ対策に関する補正予算については、「来週にも概要を示したい」と明らかにした。「国の補正予算はメニューしか見てない」と断ったうえで、政府は24日に補正予算を国会に通過させる見通しであることを指摘。このため「兵庫県としても24日までに県議会の臨時会を開き、補正予算の成立させたい」と話した。

 週明け13日、兵庫県は井戸知事の定例記者会見を予定している。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告