井戸兵庫知事、政府の緊急事態宣言を確認 新型コロナ対策本部会議

20200407対策本部会議

 兵庫県は7日夕方、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催した。冒頭で井戸敏三知事は、政府が新型コロナウイルス感染症対策本部を開いて、兵庫県に対する緊急事態宣言を発令したことを確認。そのうえで「対処方針に基づいて、しっかりと新型コロナ対策を行い、兵庫県においても(感染者数の)ピークアウトをさせるべく努力していく」と述べた。

 会議では最近の感染者の発生状況などを確認したほか、緊急事態宣言を受けた兵庫県の対処方針を議論。知事が建物や施設の使用制限などについて、どの程度、踏み込むかが焦点だ。終了後に井戸知事が記者会見を予定している。

 政府の新型コロナをめぐる緊急事態宣言は、期間を5月6日までとした。兵庫県のほかに東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、福岡県を対象にしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告