神戸新開地「喜楽館」が臨時休館 5月31日まで

 新開地まちづくりNPOは7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的で演芸場「神戸新開地・喜楽館」を9日から5月31日まで臨時休館すると発表した。同館が昼の時間帯に主催する寄席「昼席」は、すでに1日から中止。夜の時間帯の貸館事業は主催者の判断に任せていた。だが、政府の緊急事態宣言の発令などもあり、来場者や関係者の安全に配慮して、すべての公演を中止することを決めた。

 休館する5月31日までは同館の窓口での、中止になった公演の払い戻しや、再開後の公演のチケット販売も休止する。販売や払い戻しも6月1日に再開する予定だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告