もとまち寄席「恋雅亭」最終回開催できず終幕 新型コロナ影響で

20200327恋雅亭最終回

 恋雅亭同人会は27日、4月9〜12日に予定していた地域寄席「もとまち寄席恋雅(れんが)亭・500回記念&サヨナラ公演」を中止すると発表した。4日間にわたって5回の公演を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的で全公演が中止。会場のホールが老朽化で閉館するため延期もできず、このまま「恋雅亭」42年の歴史に幕を下ろす。

 29日から5月31日まで、元町通商店街の神戸風月堂本店(神戸市中央区)で払い戻しに応じる。全5公演のチケットは売り切れていた(写真)。最終日の12日は笑福亭鶴瓶さんが大トリという特別な番組編成。初日である4月9日には上方落語協会の会長・笑福亭仁智さんに加え、桂ざこばさん、桂文珍さん、桂南光さんによる座談会も開く予定だった。

 今月10日に予定していた月例の公演も中止だった。それだけに新型コロナの影響が収束した後に、改めて代替する公演の開催を期待する落語ファンの声も出そうだが、「先も見えず、いまは何も考えられない状況」(恋雅亭同人会)という。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告