スカイマーク、神戸発着226便を追加で減便 4月12日まで・全体で555便

20200326スカイマーク欠航

 スカイマークは25日、同社の国内航空便を29〜4月12日に合計555便を減便すると発表した。このうち神戸空港の発着便では226便の減便を予定する。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために移動を自粛する動きの影響で、乗客が減少したことなどに対応する。スカイマークは3月13〜28日に合計170便の減便を決めており、さらに追加で減便を発表した。成田〜中部は27日〜4月12日に運休する。

 スカイマークの神戸空港の発着便は29日からの夏ダイヤで通常、1日に27往復を予定している。このうち最大で9往復を欠航する予定だ。

 欠航する便を予約している乗客には、スカイマークから電話かメールで連絡し、前後の便への振り替えを実施する。キャンセルする場合は手数料なしで全額を返金する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告