ワールドマスターズゲームズ関西、予定通りの開催前提に準備 組織委がコメント

 2021年5月に開催を予定している生涯スポーツの祭典「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の組織委員会は25日、「2021年5月14日から通常どおり開催するものとし準備を進めております」とのコメントを発表した。国際オリンピック委員会(IOC)は東京五輪・パラリンピックは延期し、2021年夏までに開催することを決めたが、「影響について、関係団体、競技団体等ともども十分見極めてまいります」としている。

 東京五輪・パラリンピックは延期は決まったが、新たな日程が現時点では未定とあって、ひとまず従来通りの準備を継続するという。ワールドマスターズゲームズ2021関西は兵庫県を含む2府7県で、35競技59種目の世界大会を開催する。30歳以上であれば誰でも競技に出場でき、2月から募集を始めた。すでに1万人を超える応募があったという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告