兵庫県、31日まで「不要不急の往来」自粛呼びかけ継続 「大阪、神戸・阪神間など」

20200324兵庫県の記者会見

 兵庫県は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で20日から住民に要請していた「人口密集地との不要不急の往来」を31日まで継続して呼びかける方針を決めた。24日午後に開催した、有識者と医療関係団体や自治体関係者らで構成する「兵庫県新型コロナウイルス感染症対策協議会」の第1回会合後に、座長の荒川創一・神戸大学大学院医学研究科客員教授(写真右=兵庫県が配信した動画より)と井戸敏三知事(同左)が記者会見して発表した。

 井戸知事は「以前から不要不急の外出は控えるよう呼びかけている」と引き続き強調した。「仕事とか通学とか、すでに待ち合わせがある場合は不要不急とはいわない」と指摘。外出、往来が不要不急かどうかは「各自で判断してほしい」との姿勢も維持した。

 大阪とは事前に話したかとの記者の質問に、井戸氏は「こういう形でとりまとめたいというのを、事前に話してある」と答えた。4月1日以降の対応については、「3月31日までに対策本部会議を開いて取り扱いを決める」と話した。

 兵庫県が、不要不急の外出の自粛要請に具体的な地名を最初に挙げたのは19日。この時点では「大阪やその他の地域」との不要不急の往来を避けるべきとしていた。21日付で兵庫県がホームページに掲載した知事メッセージでは、地名を「大阪、神戸などの人口密集地」とした。今回は「大阪、神戸・阪神間など人口密集地」と表現を徐々に変化させた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告