神戸マルイにパンのセレクトショップ 10店舗超すベーカリーの人気パン販売

20200315神戸プルミエベーカリーマーケット

 神戸マルイ(神戸市中央区)は19日に、1階の飲食ゾーン「マルイマルシェ」内に、神戸や大阪などの人気のパン店から選ばれたパンをそろえたパンのセレクトショップ「神戸プルミエベーカーリーマーケット」をオープンする。運営会社であるエムジーフーズ(京都市上京区)が10店舗を超すベーカリーから人気のパンを毎日集荷し、利便性の高い神戸マルイ内で販売する。(図は店舗イメージ=エムジーフーズ提供)

 さまざまな場所にあるパン店で人気のパンが1カ所で選べる便利さに加え、「パンを出品する各店舗に負担が、できるだけかからないようにした」とエムジーフーズの橋本昌和社長は話す。百貨店の催事に出店するのと異なり、各パン店が自ら販売員を配置する必要がない。常設の店舗のため顧客が定着する可能性も高い。パンは全量をエムジーフーズが買い取る。

 パンを出品するのはオープン時点で以下の通り。「A-1 BAKERY」「神戸ベル」「ココシカ」「米粉パンLe・Riz(ルリ)」「食パンnico」「FRIANDE(フリアンド)」「ブーランジェリーミヤタ&KOBE 1er Bakery Market」「Boulangerie Gourmand(ブーランジェリーグルマン)」「BAKERYコウベ堂」「ベーカリーバカンス」「ARCOBALENO KOBE(アルコバレーノ神戸)」。各店舗の定休日にはパンの出品もなし。

 同業態では2017年に京都マルイ(京都市下京区)と同じビルにオープンした「京都プルミエベーカリーマーケット」に続く2店舗目になる。橋本社長によると、神戸プルミエベーカリーマーケットで1日に1000個程度のパンの販売を想定している。営業時間は神戸マルイと同じ。通常は午前11時〜午後8時半だが、22日まで午前11時〜午後8時に短縮している。休業日も神戸マルイに準じる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告