兵庫県、中小企業向け3月期末の資金繰り支援策 審査を迅速化・新型コロナで

 兵庫県は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的で外出を控える動きが広がる中、中小企業向けに3月期末の資金繰りを支援すると正式に発表した。2月14日に示した新型コロナウイルス対策貸付と同様に、最近1カ月の売上高が前年同期比5%超減少した企業などが対象。最大5000万円までの運転資金を貸し付ける。通常は3週間程度かかる審査期間を7〜10日間と迅速化し、今月末に間に合うようにする。

 加えて1企業・組合あたり2億8000万円を上限として、既存の借入金の借り換え貸付も実施する。貸付利率と保証料率の合計で1.50%にする。返済の時期をずらすことができ、3月末の手元流動性を確保するのに役立てられるようにする。通常の借り換え貸付は上限が1億円だが、これを拡充する。

 運転資金の貸付、借り換え貸付ともに3月16日から申し込みを受け付ける。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告