アシックスがスケボーシューズに参入 東京・千葉の専門店で販売

20200309スケートボードシューズ

 アシックスの国内販社であるアシックスジャパンは、スケートボードシューズ 「GEL-FLEXKEE PRO(ゲルフレッキープロ、1枚目の写真)」「GEL-FLEXKEE(ゲルフレッキー)」の2品番を発売した。アシックスがスケートボード専用のシューズを販売するのは初めて。8月にプロスケートボーダーで初のアドバイザリー契約を結んだ中村貴咲(きさ)選手(木下グループ所属)の意見を取り入れながら、アシックススポーツ工学研究所で選手の動きを分析して開発した。

 ライディング中は、特に足の前部に細かい動きが求められることに対応した。シューズの前部外側に底面から側面に複数の溝を入れ、足の動きに追従するよう屈曲性を高める形状にした。足の甲をおおう部分は、靴ひもの通しあなを非対称に設計し、ボードと接触する頻度の高い足の甲の外側の面積を広くとった。靴底は緩衝材のGEL(ゲル)をかかと部の中央から内側に配置し、着地時の荷重をやわらげながら、ボード上でバランスを取りやすい。

 メーカー希望小売価格はゲルフレッキーが税別1万2000円、足の甲の前部をポリウレタン樹脂で補強したゲルフレッキープロは同1万5000円。男女兼用で、サイズは22.5〜29.0センチメートルで、0.5センチ刻み。色はゲルフレッキープロがブラック地とクリーム地の2種類で、ゲルフレッキーはこれにマントルグリーン地が加わる。スケートボード専門店「インスタント」の吉祥寺(東京都武蔵野市)、台場(東京都江東区)、千葉(千葉市中央区)、浦安(千葉県浦安市)とインスタントのネット通販で販売する。

20200309契約選手

 合わせてアシックスジャパンは、1月1日付でプロスケートボーダーの佐々木真那選手(16、2枚目の写真左)と、17年にプロ資格を取得した渡辺星那選手(13、同右)とアドバイザリー契約を結んだと発表した。両選手はアシックスのシューズやアパレルを使用、販促活動に協力するのに加え、商品開発の際にアドバイスする。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告