靴のヒラキ、大阪・淡路に靴専門店で2号店 自社企画品など販売

 靴の輸入販売やディスカウントスーパーなどを展開するヒラキは、自社企画の製品を中心に販売する靴の専門店「ヒラキ・イズミヤ淡路店」を大阪市東淀川区のイズミヤ淡路店の2階にオープンしたと発表した。同社の専門店業態としては2016年10月にオープンした「サンパティオ庄内店」(大阪府豊中市)に次ぐ2号店になる。

 新店舗は2月29日にオープンした。価格競争力の高い自社企画品を中心に婦人靴、紳士靴、子供靴と幅広い品ぞろえで、気軽に買い物ができる店舗をめざす。最近では靴もネット通販が伸びており競争も激しくなるなかで、実際に試し履きができる実店舗のメリットを生かし、通信販売事業との相乗効果をねらう。

 売り場面積は60坪。基本営業時間は午前10時〜午後8時、年中無休だがイズミヤ淡路店の休業日には閉店する。阪急京都線「淡路駅」の西出口から淡路本町商店街を徒歩5分。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告