国交省、北神急行線の事業譲渡を認可 6月から三宮〜谷上が280円に

20200303谷上車庫

 国土交通省の近畿運輸管理局は3日、神戸市北区の谷上駅と同市中央区の新神戸駅の約7.5キロメートルを結ぶ「北神急行線」の事業譲渡を4日付で認可すると発表した。施設を保有する神戸高速鉄道と、電車を運行する北神急行電鉄の2社が売り手で、買い手が神戸市だ。譲渡額は税別で198億円、6月1日付で事業譲渡する予定。国交省は4日午前に、3者に対して認可状を手渡す。

 神戸市は運賃が割高な北神急行線を買収し、すでに相互直通運転している神戸市営地下鉄と事業運営を一体化する。現在370円の新神戸〜谷上、同550円の三宮〜谷上の運賃がともに280円と、神戸市営地下鉄と同水準に引き下げる。値下げによる利用者の利便性向上が期待できるうえ、北神地域の活性化によって人口減少を食い止めるのがねらい。

 北神急行電鉄の親会社である阪急電鉄と神戸市は、2018年12月に北神急行の譲渡に向けて協議に入り、19年3月に譲渡価格などで合意していた。(写真は北神急行電鉄の谷上車庫=神戸市北区)

▽関連記事
神戸市、北神急行の資産買収発表 税別198億円で、三宮〜谷上280円に (2019/03/29)
杉山阪急電鉄社長、北神急行の譲渡「三宮活性化につながる」 三宮再開発「賛同」 (2018/12/27)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告