神戸製鋼、コベルコマテリアル銅管の譲渡日を3月31日に変更

 神戸製鋼所は21日、投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP、東京都千代田区)に譲渡することが決まっている子会社「コベルコマテリアル銅管」の譲渡日を3月31日に変更すると発表した。従来は3月2日を予定していたが、関係者の間で詳細を協議した結果、3月31日が適当と判断したという。

 コベルコマテリアル銅管は神戸製鋼が55%、三菱マテリアルが45%を出資する共同出資会社。神戸製鋼と三菱マテリアルの銅管事業を統合した。4月1日以降も神戸製鋼はコベルコマテリアル銅管の株式を10%保有。残りの90%をJIPが保有する。

 譲渡日の変更による2020年3月期の神戸製鋼の業績への影響は、特にないとしている。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告