V神戸の選手らが神戸の観光客を歓迎 JR三ノ宮などで抽選会・スタンプラリーも

20200219WelcomeKobe.png

 JR西日本は21日から、神戸を訪れる観光客らを地元と一体になって歓迎する「WELCOME TO KOBEキャンペーン」を展開すると発表した。神戸がホームタウンであるサッカーJ1ヴィッセル神戸の選手と観光地を掲載したポスター(図=JR西日本提供)を神戸市内の主要駅に掲示。三ノ宮駅では駅ナカ店舗の店員がヴィッセル神戸のユニフォーム姿で接客する。1500円以上のレシートで参加できる抽選会や、駅と博物館などでスタンプを集めるスタンプラリーも実施する。

 抽選会は「ヴィッセル神戸応援キャンペーン」として実施。21日〜3月2日にJR西日本の三ノ宮駅、元町駅、神戸駅、兵庫駅の駅ナカ店舗で買い物したレシートの合計1500円ごとに1回、ガラポン抽選会に参加できる。抽選日は3月1・2日で、JR三ノ宮駅(セブン-イレブンハートインJR三ノ宮駅東口前)とJR兵庫駅(キャンドゥJR兵庫駅前)に設ける。対象店舗であれば、異なる駅での買い物を合算することもできる。

 3月3〜31日は「神戸満喫!スタンプラリー」を開催。3月上旬から配布するスタンプ台に、JRの対象駅の駅スタンプ2つと、対象の観光施設に設置したスタンプを2つ集めた先着1000人に、JR西日本とヴィッセル神戸それぞれのオリジナルグッズを配布する。対象駅は住吉駅、灘駅、三ノ宮駅、元町駅、神戸駅、兵庫駅、新長田駅。対象の観光施設はKOBEとんぼ玉ミュージアム、神戸海洋博物館、神戸北野美術館、横尾忠則現代美術館、菊正宗酒造資料館、白鶴酒造資料館だ。

 キャンペーンはJR西日本神戸支社とDMO(観光地経営組織)の神戸観光局が連携。ヴィッセル神戸の協力を得て、選手が並ぶポスターを作成した。昨年に続く第2弾だ。イニエスタ選手の知名度の高さだけでなく、今年はヴィッセル神戸が天皇杯全日本選手権で優勝し、チーム結成25年で初めて優勝の称号(タイトル)を獲得。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグでも現在2勝している。チームの好調を受けて、観光資源としてのサッカー観戦に改めて関心が高まる展開もありそうだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告