兵庫県、「リーディングプロジェクト」の16事業に24億円 「展望」実現めざす

 兵庫県が17日に発表した2020年度予算では、19年に発表した「兵庫2030年の展望」で描いた将来像に近づくための先進事業を「リーディング(先導)プロジェクト」と位置づけ、一般会計で約24億円を配分した。「未来の活力」「暮らしの質」「ダイナミックな交流・還流」をテーマに据えて16事業を選定。市町村や企業、大学、その他の団体などと連携して進める。

 兵庫県の井戸敏三知事はリーディングプロジェクトのねらいについて、「兵庫県の強みを発揮していく、それから、新時代の基盤構築を加速化させる、そして先端技術を活用していく」と説明した。「推進期間は10年間だが、毎年度、重点施策として位置付けて、推進状況をフォローアップしていく予定」と強調した。

 このうち(1)「起業立県実現プロジェクト」には、「国連プロジェクトサービス機関(UNOPS、ユノップス)」が神戸市に開設を予定するスタートアップ育成拠点との協力や、学生など若年層向けの起業家教育などを計画。(2)「先端産業創造プロジェクト」では、航空・宇宙や環境・エネルギー、ロボットなど今後の成長産業の強化に向けた人材と企業のマッチングや、「スマートものづくりセンター」を活用した製造業の生産性向上を支援するなどを盛り込んでいる。

 兵庫県が設定した16事業は以下の通り。(カッコは20年度計上額)
( 1) 起業立県実現プロジェクト(1億6500万円)
( 2) 先端産業創造プロジェクト(2億6700万円)
( 3) 全員活躍プロジェクト(8900万円)
( 4) 価値創造人材育成プロジェクト(4億500万円)
( 5) 水素社会先導プロジェクト(6700万円)
( 6) 御食国(みけつくに)ひょうごプロジェクト(1億5400万円)
( 7) 豊かな森・海再生プロジェクト(1億1500万円)
( 8) スポーツ・フォー・ライフ推進プロジェクト(1億6300万円)
( 9) つながる芸術文化プロジェクト(3400万円)
(10) 在宅強化・健康寿命延伸プロジェクト(5億4600万円)
(11) 防災・減災加速プロジェクト(1億2600万円)
(12) まちなか安心プロジェクト(1800万円)
(13) 体験ツーリズムプロジェクト(6200万円)
(14) 外国人安心プロジェクト(5500万円)
(15) 次世代移動・買い物プロジェクト(5900万円)
(16) 空間再生プロジェクト(2億1100万円)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告