アシックス、靴底にカーボンプレート内蔵「メタレーサー」 4月中旬発売

20200216メタレーサー

 アシックスは4月中旬に、マラソンや駅伝などのレースで高速走行を可能にするランニングシューズの高機能モデル「METARACER(メタレーサー)」(写真=アシックス提供)を4月中旬に発売すると発表した。靴底に1枚のカーボンプレートを内蔵することで、走る際の推進力につなげる。カーボンプレートを内蔵したランニングシューズは、米ナイキの「ヴェイパーフライ」が1月に開かれた第96回東京箱根間往復大学駅伝で走った選手の8割以上が着用したことで急速に注目された。

 靴底のつま先部分が上方に反った形状を採用し、走る際に消費エネルギーを抑えながら走ることができる。高速走行に対応するため、軽量素材を採用したほか、構造の工夫からも軽量化に取り組んだ。このほかの詳しい仕様や、発売するサイズ、価格などは現時点で明らかにしていない。

 カーボンプレートを内蔵した競走用シューズを巡っては、独アディダスの日本法人であるアディダスジャパンも4月1日に発売すると12日に発表。先行したナイキを追撃する動きが広がっている。14日に開いた決算発表の記者会見で、広田康人社長COOは「スピードランナーに向けた取り組みを強化して、パフォーマンスランニングでのカテゴリー・ナンバーワンに向けて攻勢を強めていきたい」と強調した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告