尾山アシックス会長CEO、スポーツ業界の国際団体で会長に 6年ぶり2度目

20191124尾山基神戸観光局会長

 世界スポーツ用品工業連盟(WFSGI、本部スイス・ローザンヌ)は1月29日に独ミュンヘンで開催した総会で、アシックスの尾山基会長(写真)を第16代の会長に選出した。中国・安踏体育用品(アンタスポーツ、福建省晋江市)の鄭捷グループプレジデントと共同で会長を務める。同連盟が会長を2人体制にするのは初めて。任期は2人とも20年1月29日から3年間とした。同連盟が1月31日付で発表した。

 アシックスによると、尾山氏がWFSGIの会長に就くのは、11〜14年以来6年ぶり2度目。14年に会長の任期を終えてからは、副会長に就いていた。WFSGIは世界のスポーツ産業の健全な発展などを目的に、1978年に設立された世界最大のスポーツ業界団体。世界各国のスポーツ用品メーカー、原材料などの供給元、小売り業界など300社以上と、各国・地域のスポーツ関連団体などで構成する。

 WFSGIは今回、今年開催する東京五輪の開催国と、22年に開催する北京冬季五輪の開催国からそれぞれ会長を選出。国際オリンピック委員会(IOC)と緊密に連絡を保ち、相乗効果を引き出すことで業界の利益を最大化するのがねらいとしている。

 尾山基氏(おやま・もとい) 1974年大阪市大商卒、日商岩井入社。82年アシックス入社、2008年に社長、17年に会長兼社長CEO、18年に会長CEO。日本スポーツ用品工業協会会長、神戸商工会議所副会頭、神戸観光局会長なども務める。石川県出身。69歳。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告