シャルレ、今期税引き益94%減に下方修正 支店統合費用で特損1億円

20200201シャルレ業績修正

 婦人下着の訪問販売が主力のシャルレは1月31日、2020年3月期の単独税引き利益が前期比94%減の1300万円にとどまる見通しだと発表した。従来予想の4000万円から下方修正し、減益幅が拡大する。同社は4月1日付で国内に8カ所ある支店を、東西2拠点に統合する予定。廃止する支店の現状復帰工事や移転費用、固定資産の除却費用などで1億円を特別損失に計上する。

 売上高は5%減の157億円、営業利益は61%減の1億4000万円を見込む。従来予想は165億円、1億円だった。売上高は昨年リニューアルした化粧品や、アウターなど衣料品の販売が振るわなかったことが主因。ただ人員減や旅費などの販管費を削減するなど、費用の支出計画を見直したことで営業費用を抑えた。

 同社は2月13日に、2019年4〜12月期決算を発表する予定だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告