ヴィッセル神戸の「初タイトル」祝うセレモニー 2月4日午後にハーバーランドで

20200130横断幕

 神戸市は30日、サッカーJ1ヴィッセル神戸が天皇杯全日本選手権での優勝したのを神戸市の住民と祝福する「ヴィッセル神戸天皇杯祝勝セレモニー『We Are No.1!』」を2月4日に開催すると発表した。午後3時半から30分間を予定しており、会場は神戸ハーバーランド(神戸市中央区)のスペースシアター。「天皇杯」のお披露目に加え、久元喜造神戸市長がチームに対して神戸市スポーツ特別賞を贈るほか、神戸市混声合唱団によるお祝い演奏などを予定する。(写真は神戸市役所のロビーに掲げた優勝記念の横断幕)

 チームとして初めてのタイトル(称号)を獲得したのを総出で祝う。さらに直後の2月8日には、今季の初戦に当たる富士ゼロックス・スーパーカップ(埼玉スタジアム)で、横浜Fマリノスとの対戦を控える。ヴィッセル神戸のメンバーから今季に向けた決意表明も聞けるという。

 ヴィッセル神戸からは立花陽三社長、三浦淳寛スポーツダイレクター、トルステン・フィンク監督、主将アンドレス・イニエスタ選手、山口蛍選手、酒井高徳選手が出席する予定(変更の場合あり)。神戸市からは久元市長、ヴィッセル神戸を応援する市会議員の会から大沢和士会長らが出席する予定だ。

 開場は午後3時。神戸市は会場に300席を用意するが、これを超える来場者は立ち見になる。長時間の場所取りを控えるよう求めているほか、会場での鳴り物の使用や飲食は禁止。また混乱を避けるため、会場には電車やバスなどの公共交通機関での来場を呼びかけている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告