池田泉州銀、神戸支店を初の銀証共同店舗に 5月18日オープン

 池田泉州ホールディングス傘下の池田泉州銀行は28日、池田泉州銀行と池田泉州TT証券の神戸支店が同一フロアで営業する銀証共同店舗を5月18日にオープンすると発表した。池田泉州HDのグループで銀証共同店舗を開設するのは初めて。資産の活用や資金の運用、相続に関する相談など、さまざまな金融サービスをワンストップ(1カ所)で提供できるようにする。

 場所は現在の池田泉州TT証券神戸支店がある、神戸新聞会館(ミント神戸、神戸市中央区)の13階。JR三ノ宮駅前の好立地を生かして、幅広い相談のニーズを集めたい考えだ。証券会社部分は5月7日に先行してリニューアルオープンする。旧居留地(神戸市中央区)・京町筋沿いにある現在の池田泉州銀行の神戸支店は移転し、5月15日が現店舗での最終営業日になる。加えてミント神戸1階に池田泉州銀のATMコーナーを新設する。

 池田泉州TT証券は、池田泉州HDと東海東京フィナンシャル・ホールディングスが共同出資した証券会社。関西で初めての地銀の証券子会社として2013年に発足した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告