川重、エアバスA220向けエンジン部品の出荷開始 「ファンドライブギアシステム」

20200123川重ファンドライブギアシステム

 川崎重工業は23日、欧州エアバスの小型ジェット機「A220」に搭載するエンジン「PW1500G」向けに、ファンドライブギアシステムと呼ばれる部品(写真=川重提供)の出荷を開始したと発表した。燃費を向上させるためにファンの回転数とタービンなどの回転数を最適に調整する重要な部品。今回出荷した部品はエンジンの運転試験に使用し、今後は明石工場(明石市)で量産品の製造に入る。

 PW1500Gは、米プラット・アンド・ホイットニー(米P&W)が各社と共同開発。従来機に比べて16%の燃費を改善するなど性能が向上した。川重は、貢献度に応じて売上高とコストを分け合うリスク・レベニュー・シェアリング・パートナー方式で開発・製造に参加している。これまでも川重はギア関連部品の製造で実績があることから、今回のファンドライブギアシステムの製造も担当することになったという。

 PW1500Gの派生型で、ブラジル・エンブラエルの「E190E2」「E195E2」に搭載するPW1900Gも同様に製造する予定だ。A220とE190E2、E195E2は合計ですでに約700機の確定受注が発表されている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告