GセブンHDが大幅続伸 あおり運転厳罰化、国会始まり再び関心とも

20191231神戸株ワッペン

 22日の東京株式市場ではGセブンHD(7508)が大幅に続伸した。終値は前日比139円(5.43%)高の2699円だった。一時は2749円まで上昇し、株式分割などを考慮すると実質的には上場来高値になる。第201通常国会が20日に始まったことで、改めて「あおり運転」の厳罰化に関連してドライブレコーダーの需要拡大に関心が高まったとみられる。同社はカー用品店「オートバックス」のフランチャイジー(加盟店)を展開する。

 GセブンHDについては株式新聞電子版が20日大引け後に、「国会重要法案狙う」として、あおり運転の厳罰化に言及したのがきっかけとの指摘もあった。記事ではGセブンHDがオートバックスの加盟店を展開していることに言及したのに加え、タピオカブームなどを背景に「話題の『業務スーパー』を展開している点も強み」とも指摘。同社株については「株価は青天井」などと評価している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告