明智光秀ゆかりの丹波で黒枝豆を使った「冷凍ちまき」 ケンミン食品

20200119「麒麟がくる」ちまき

 ケンミン食品(神戸市中央区)は2020年に放送するNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のタイトルロゴを使用した「ちまき」の冷凍食品「丹波地鶏と黒枝豆のちまき」(写真=ケンミン食品提供)を19日に発売した。ドラマの主人公である明智光秀は、ケンミン食品の冷凍食品工場がある丹波篠山市を含む丹波国の領主だった。地元の食材である丹波地鶏と黒枝豆を使った、ぜいたくな「ちまき」で丹波地域を盛り上げる。

 丹波地鶏は開放鶏舎での長期飼育と適度な運動で、食感とうま味が特徴だ。丹波篠山産の丹波黒枝豆は、正月に食べる黒豆を枝豆の時期に収穫したもの。収穫できるのがほぼ10月中に限られるため希少であるとともに、一般的な枝豆に比べて大粒で味も濃いという。これらの特徴ある食材を、通常は和菓子などに使われる兵庫県産の高級もち米「ヤマフクモチ」と一緒に蒸しあげる。鶏のダシをベースにした和風の味付けだ。同社が丹波篠山市に工場を設けて以来、約40年受け継ぐ熟練した、ちまき作りの技で仕上げる。

 ロゴ使用の許諾を受け、初回放送の19日に合わせて発売した。ケンミン食品の創業70周年記念の一環としても企画した。150グラムのちまき5個入りで1パックにした。冷凍での賞味期限は14カ月。同社の公式通販サイトである「健民飯店オンラインショップ」で販売する。価格は税込みで4000円。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告