異人館前で初の中国獅子舞 「神戸北野春節祭」プレイベントで

20200119獅子舞

 神戸市中央区の山側にある北野異人館街では、25日の旧正月を祝う中国の行事「春節」をきっかけとした行事「神戸北野春節祭」のプレ(事前)イベントとして、神戸華僑総会(神戸市中央区)の舞獅隊が獅子舞の演舞を披露した。異人館の中でもシンボル的存在になっている「風見鶏の館」の正面にある広場で、午前11時からと午後1時からの2回、10分程度の演舞を披露。多くの観客を集めていた。(写真)

 神戸の中華街「南京町」のにぎわいを北野の異人館街でも楽しめるようにする神戸北野春節祭を25〜26日に、今年初めて実施することからプレイベントも開催。同舞獅隊は神戸で最も歴史のある獅子舞のグループだが、異人館街で演舞を披露するのは初めてという。観客席になった階段や広場の円形を上手く使い、観客の頭を噛(か)んでいた。獅子舞に噛まれると、邪気がはらわれて縁起がよいとされている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告