赤羽国交相、震災25年「防災・減災対策は着実に前進してきた」

20200117赤羽国交相

 赤羽一嘉国交相(写真=兵庫県が配信した動画より)は17日、兵庫県が開催した「1.17のつどいー阪神淡路大震災25年追悼式典ー」であいさつし、「被災者に寄り添い、一人の人の尊厳を大切にする、わが国の防災・減災対策は着実に前進してきた」と述べ、25年の間に阪神淡路大震災の教訓が生かされたことを強調した。具体的には「建物の耐震化や都市の再開発が進み、被災者生活再建支援法の成立など災害法制が整備され、応急仮設住宅の充実や、避難所の環境改善、プッシュ型の復旧復興支援、そして本格的なボランティア活動が定着、学校区ごとの防災福祉コミュニティーの発足、防災士18万人の誕生など」を挙げた。

 そのうえで赤羽氏は、気候変動などを背景に従来は珍しかった激甚災害が「いつ、どこで発生しても不思議でなくなった」と指摘。そうした中にあって「阪神淡路大震災の教訓を風化させることなく、次の世代に伝え、国民のみなさまの命と暮らしを守るため、防災減災が主流となる安全安心な国づくりに総力を挙げて取り組んで行くことを約束申し上げる」と語った。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告