武田防災相、震災25年「防災は国家のきわめて重要な任務」

20200117武田防災相

 武田良太防災担当相は17日に兵庫県が開催した「1.17のつどいー阪神淡路大震災25年追悼式典ー」であいさつし、「災害が発生しやすいわが国においては、防災は国家のきわめて重要な任務」と指摘。「国民の生命、身体、財産、そして生活を守り、安心して暮らせる社会の実現に向けて、引き続き全力をあげていく」と改めて防災担当相の役割を強調した。

 武田氏は、昨年の「台風15号、台風19号など、大きな災害により各地に甚大な被害がもたらされた」と直近の災害に言及。「政府としても有識者や被災自治体などの意見を聞きながら、これらの一連の災害に関する検証を現在進めている」と説明し、検証の結果を今後の災害対策に取り入れたい意向を示していた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告