秋篠宮さま「震災経験ない世代の取り組み心強い」 追悼式典でおことば

20200117献花

 秋篠宮さまは、兵庫県が17日に開催した「1.17のつどいー阪神淡路大震災25年追悼式典ー」で、「震災を経験していない世代の人々が積極的に震災や防災について学び、周囲や社会に働きかけながら、防災・減災活動に取り組んでいることを大変心強く思います」と、おことばを述べられ、震災体験を語り継ぐ活動などに参加している若い世代を励ました。さらに「これからも震災の経験と教訓を踏まえ、人々が助け合い、安全で安心して暮らせる地域づくりが進められるとともに、その知見が国の内外に広まり、また世代を超えて継承されていくことを、願っております」と話した。

 加えて東日本大震災など、阪神淡路大震災の後に発生した大きな自然災害では、「そのたびに多くのボランティアや応援職員など兵庫県のみなさまが現地に駆けつけ、被災者に寄り添いながら、みずからの経験を生かした支援が行われていることは、まことに意義深いことと考えます」とも言及。被災体験を語り継ぐことの大切さを強調していた。

 秋篠宮さまは紀子さまとともに式典に出席された。夫妻でそろって献花した(写真=兵庫県が配信した動画より)。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告