神栄、投資有価証券の売却益9600万円を計上 今期1銘柄を売却で

 神栄は25日、2019年4〜12月期の連結決算に有価証券の売却益9600万円を特別利益として計上すると発表した。24日に東証上場の株式1銘柄を売却したことで、売却益が発生したという。売却した銘柄名は明らかにしていない。

 同社は20年3月期の連結業績予想で、最終損益が3億円の赤字になる見通しを示してた。今回の売却益は通期予想に「すでにある程度、織り込んでいる」といい、現時点で業績予想に修正の必要はないとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告