家次神商会頭「新しいものは関西から」 起業家支援で産官学の連携組織、設立総会

20191225エコシステム設立総会

 兵庫県、神戸市、神戸商工会議所は25日午前、起業家を支援する産官学の連携組織「ひょうご神戸スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」の設立総会を神戸商工会議所で開催した。議長に就いた神商の家次恒会頭(写真中央)はあいさつし、「新しいことは関西からと言われるように、関西には起業の文化がある」と指摘。「兵庫、神戸から1社でも多くのスタートアップ(起業家)を掘り起こすのが我々の使命」と述べ、起業を起点にした経済の活性化に対する意欲を見せた。

 発起人の1人として話した神戸市の久元喜造市長は、神戸市と米有力ベンチャーファンド「500スタートアップス」との取り組みが海外からも大きな関心を集めているほか、起業家らと組んで行政課題の解決をめざす「アーバンイノベーション」が広がりを見せていると、神戸市の取り組みを紹介。そのうえで「スタートアップのエコシステムは閉じられたものではなく、他の大都市と連携して関西がスタートアップ・エコシステムの形成という分野でもリーダーシップを取ることが重要」と強調した。設立総会には兵庫県の荒木一聡副知事も出席した。

 政府は「世界に伍(ご)するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」に基づいて、2020年3月には現地のスタートアップ振興策を集中的に支援するグローバル拠点都市を全国で2〜3カ所、選ぶ計画だ。このグローバル拠点都市の応募には必須になる、事業計画「エコシステム形成計画」の作成が今回の連携組織の当面の目標になる。

 加えて京都、大阪、神戸の各商工会議所は「京阪神」でまとめて1カ所のグローバル拠点都市として選定できるよう、国にはたらきかけている。京都、大阪でも同様の産官学の連携組織を立ち上げる動きがあり、京阪神での連携も今回の組織を軸として進める見通しだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告