アシックス、約100億円の自社株買いを終了 8月から株価66%上昇

 アシックスは24日、8月2日に取締役会で決議した100億円、900万株を上限とした自社株買いを前日で終えたと発表した。これまで発表していた分に加え、12月1〜23日に普通株式56万300株を約10億円で取得。取得期間とした8月5日以降の累計で99億9967万1400円、623万8000株の自社株を取得した。同社が設定した自社株取得枠をほぼ使い切って2019年12月期の自社株買いを終了した形だ。

 同社株の23日終値は1872円。8月5日の前営業日である同2日(1126円)との比較で、株価は66%上昇した。同社株は自社株買いと同時に今期業績予想の上方修正や増配を発表したほか、苦戦していた米国での販売回復への期待感も高まった。これに加えて自社株買いによる需給の引き締まりも、同社株の上昇に寄与していたことが改めて示された。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告