ノーリツ、取引先向けに在庫検索で大幅時短ツール LINEで自動応答

20191223ノーリツボット

 給湯器大手のノーリツは23日、取引先のガス会社や施工会社など、同社と直接取り引きのある企業向けに「チャットボット」(自動応答)を取り入れたスマートフォンアプリ「LINE」のアカウントを1月から開設すると発表した。LINEのトーク画面で給湯器の機種名を直接入力するか、給湯器本体に取り付けられた機種名を示す「銘板」の写真を撮影して送信すると、瞬時に取り替えに適した機種の候補を表示する。写真の中の文字をAI(人工知能)が読み取る。さらに在庫の有無も表示できる。

 これまでもカタログなどで交換用の機種を案内してきたほか、取引先向けのサイト「お湯ネット」などで検索機能も提供してきた。ただ検索にはパソコンやタブレットなどの機器を別に使う必要があるほか、給湯器の在庫をノーリツに電話で問い合わせることなどを含めると、取引先が在庫の有無を確認できるまで1時間近くかかる場合もあった。これをスマートフォンだけを使って最大で3分程度と、大幅に時間を短縮することをめざす。

 製品の動画やオンラインカタログの閲覧もできるようにした。リフォームなどの際にも、取引先と実際に製品を使用する顧客が、迅速に打ち合わせができるようになる。取引先の業務を効率化することを通じて、顧客の満足度向上につなげたい考えだ。今回のLINEアカウントを利用するには、ノーリツの営業を通じた会員登録が必要としている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告