アサヒHD、フジ医療器株60%の売却額62億円 台湾社と売買契約

 アサヒホールディングスは20日、ジョンソンヘルステック(台中市)と基本合意していたマッサージチェア大手フジ医療器の株式60%の売却について、同日付で株式の売買契約を結んだと発表した。10月29日に基本合意した時点では67億円と見積もっていた売却額は、62億4100万円に決まった。2月上旬にも株式の受け渡しを実施する。

 フジ医療器株の売却は、アサヒHDの2020年3月期の業績予想に織り込み済み。株売却に伴う法人税負担や、継続保有株式の再評価などを考慮しても、今期予想への影響は軽微としている。アサヒHDはフジ医療器株の40%を引き続き保有したうえで、数年後にはフジ医療器の株式上場をめざすとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告