TOA、中国から生産拠点を引き揚げ 「得技電子」閉鎖で海外生産3拠点に

 音響機器のTOAは11日、中国・深センの生産子会社である得技電子を閉鎖したと発表した。中国の景気減速など経済情勢の変化を受けて、生産体制を最適化するのがねらい。主に中国の国内向けに、建築物に付帯する形の業務用音響機器などを生産していたが、得技電子の閉鎖で中国から生産拠点を引き揚げることになる。2021年3月に清算を終える予定だ。

 TOAは得技電子を01年に設立し、05年から連結対象としていた。同社で生産していた製品は、他の生産拠点で製造を引き継ぐ。中国の生産拠点を閉鎖によってTOAの海外生産拠点は、台湾、インドネシア、ベトナムの3カ所になる。

 得技電子の閉鎖、清算による連結業績への影響は軽微としている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告