ポートタワーのエレベーター案内係、制服カジュアルに一新 神戸発ブランド多用

20191208ポートタワー

 神戸ポートタワー(神戸市中央区)では、エレベーター案内係の制服を見直した。これまでのイメージを一新し、カジュアルな衣装に切り替えた(写真=ARIGATO-CHAN提供)。利用者からは「分からないことがあっても、気軽に声をかけやすい」など好評だという。“神戸・山の手”のイメージを取り込んだブランド「トレコード」のパーカーとスカートを採用するなど、神戸発のブランドを多用したのが特徴だ。

 トレコードはアパレルメーカー「クロシェ」(神戸市中央区)が展開するブランド。「神戸・山の手フリルパーカー」「神戸・山の手スカート」を同社が提供する。スニーカーには同じく神戸市中央区に本社を置くアシックスの「オニツカタイガー」を採用した。さらにデザイナーのアマノタケル氏がポートタワーをデザインしたオリジナルのTシャツを着用する。

 展望3階にある日本酒ラウンジ「SAKE TARU LOUNGE」(サケタルラウンジ)を運営するARIGATO-CHAN(アリガトチャン、神戸市中央区)が、10月1日からエレベーター案内係の運営も受託。これを機に制服を見直すことにした。前回いつ見直したのか分からないほど、同じ制服で案内係の業務が受け継がれてきたといい、「デザインが昭和」といった指摘も一部で出ていたため見直しに踏み切った。

 神戸ポートタワーは例年12月〜2月の間、午後7時までに営業時間を短縮する。ただ今年は引き続きSAKE TARU LOUNGEが午前0時まで営業。同ラウンジだけ利用できる午後7時以降は、ポートタワーの入場料が300円(通常は大人700円)になる。エレベーター乗り場付近で同ラウンジに電話すると、店員が迎えに降りる(電話番号は080-9026-9154)。

 24日と25日の2日間のみ、各日10組20人限定で提供する「クリスマスディナー」の予約受け付けも開始した。日曜、祝日、1月1〜5日の夜間営業はなし。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告