ノーリツが急反発 今期予想を上方修正、「最悪期は脱出」の見方も

20180823神戸株アイコン

 6日の東京株式市場ではノーリツ(5943)が急反発。終値は前日比86円(6.03%)高の1512円だった。東証1部の値上がり率ランキングで17位。一時は1560円まで上昇した。前日大引け後に2019年12月期の連結純利益が前期比17%減の17億円になりそうだと発表した。従来予想の11億円から減益幅が縮小するのを好感した買いを集めた。

 同社は当初、今期の純利益が38億円になると予想したが、7月に下方修正して11億円を見込んでいた。改めての上方修正で、中国事業に不透明感が残るとしながらも、国内事業の持ち直しで最悪期からは脱出したとの見方が広がったようだ。販売価格の引き上げにも取り組んだといい、同社のブランドに対する信頼感が収益の支えになるとの期待にもつながりやすい。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告