アルペン、関西初「ワンランク上」めざすゴルフ用品店 旧居留地に29日オープン

20191128GOLF5.png

 スポーツ専門店最大手のアルペンは29日に、高価格帯の製品も充実したゴルフ用品店「ゴルフ5プレステージ神戸店」をオープンする。全国展開する専門店「ゴルフ5」とは異なる品ぞろえで接客に力を入れ、顧客に最適なクラブやパター、アパレルを選べるようにした。初心者からワンランク上をめざすゴルファーまでの幅広い需要に対応する。「プレステージ」としては4店舗目で、東京都心以外では初めての出店になる。関係者向けに28日、店舗を公開した。

 来店客にはほぼマンツーマンで接客する。試打用のクラブを約2500本用意したほか、計測器を配備した試打室3室を整備。特に通常の店舗では、計測器を使って最適な1本を選び出す「フィッティング」が難しいパターも、専用の設備を備えた。社内資格の認定を受けた店員が、専門的な観点からも商品選びをアドバイスできるようにした。「ベティナルディ」「MUQU」「エポン」「マイジョイズ」といったブランドのゴルフ用品は関西初の常設店になるという。

 場所は旧居留地にある商船三井ビル(神戸市中央区)の1階だ。店長の徳田賢治さんは「ゆとりのあるサービスをするのに最適の立地。店舗を訪れるまでの街並みも含めて楽しんでもらえる」と胸を張る。販売目標については「通常のゴルフ5も含めた西日本の店舗で売上高トップをめざす」と意気込んだ。

 アルペンのゴルフ教室でアドバイザーを務める金谷多一郎プロは新店舗について「神戸は最も熱心な生徒さんが多いといえるほどゴルフに関心が高い。日本のゴルフ発祥地になくてはならない店」という。兵庫県は北海道の次にゴルフ場が多い都道府県ということもあり、「海外から神戸を訪れてゴルフをする人が、たくさん立ち寄る店になるのでは」と期待を語った。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告