川重、ジェットスキーの人気シリーズ15年ぶり全面改良 STX160LXなど

JETSKISTX160LX.png

 川崎重工業は国内販社のカワサキモータースジャパンを通じて、ジェットスキーの2020年モデル「JET SKI STX 160X」「JET SKI STX 160LX」(写真=川重提供)の2機種を発売する。04年に発売した人気モデルを15年ぶりに全面改良した。1997年の初登場以来STXシリーズの特徴である強力なエンジンを維持しながら、電子制御システムの搭載などで運転時の負担が大幅に軽減された。

 エンジン出力を制御するスロットルレバーには、アクセルの開け具合を感知するセンサーを採用。操作に必要な力が大幅に軽くなった。任意で速度(エンジン回転数)を設定でき、長い時間を同じ速で航行するのに使える。初心者が操艇技術を学ぶ際に使用する、エンジン出力を抑えたモードも用意した。

 燃料タンクの容量は62リットルから72リットルに増えた一方で、エンジンの燃費性能も改善。シートに腰をおろした際は、従来よりも下半身にゆとりを持たせた。総じて長距離を航行する際の快適度が高まり、利用できるレジャーの幅が広がった。船体の周囲をおおうバンパーの下部にはフィンを配置し、走行の安定性を高めた。

 発売日は20年1月15日を予定する。「160LX」にはブルートゥース接続のオーディオシステムを搭載。スマートフォン(スマホ)などを使って海上で好みの音楽も楽しめる。全長3152ミリメートル、全幅1181ミリメートル、高さ1153ミリメートルは2機種共通の仕様だ。エンジンは水冷4ストローク4気筒、DOHC16バルブ。重さは160LXが392キログラム、160LXが398キログラムになった。

 メーカー希望小売り価格は消費税込みで160Xが145万2000円、160LXが162万8000円を予定する。これとは別に船舶検査料、法廷装備品代金、船舶検査代行料などが必要になる。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告