ポートピアホテル、竜王戦の神戸対局「勝負メシ」提供 ステーキ重など30日まで

20191114牛もも肉のステーキ重

 神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)は、9〜10日に同ホテルで開催した将棋8大タイトルの1つ「竜王戦」の第3局で、対局した広瀬章人竜王と豊島将之名人の昼食と同じメニュー4品をホテル内のレストランで提供する。通常とは異なるセットメニューで、竜王戦の際に2人が食べた「勝負メシ」の内容を再現する。ランチタイム限定で30日まで。

 2日間の対局とあって、昼食も2回。広瀬竜王が選んだのは「神戸牛もも肉のステーキ重ぼっかけと温玉のせ」(写真=神戸ポートピアホテル提供)と「うな重膳」だ。ステーキ重は、神戸牛もも肉のステーキに、神戸・長田の名物ぼっかけと、淡路島の甘いタマネギのソテーを合わせた。うな重膳は、うなぎが2層になったご飯に、松茸茶碗蒸し、お造り、胡麻豆腐などが付く。

20191114竜王戦勝負メシ

 豊島名人が選んだのは「特上にぎり」と「神戸ポークの”勝つ(カツ)”カレー」。にぎりは勝つお(カツオ)、トロ、のどぐろ、小鯛の柚子昆布締めなど9貫に小鉢と赤だしが付く。カツカレーは、ホテル自慢のカレーに、やわらかくてジューシーな神戸ポークのトンカツとの相性が抜群だ。野菜サラダが付く。

 このほか神戸ポートピアホテルで1981年の開業時から提供している「アップルパイ」は対局した両棋士が、おやつの1つとして食べたという。バターがたっぷりのパイの中でシナモンのきいたリンゴが詰まっている。どれも将棋ファンでなくとも気になるメニューだろう。いずれも1日の限定数が決まっており、「うな重膳」は前日までに予約が必要だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告