カルナバイオの1〜9月期、最終黒字11億円 創薬支援事業の売上高最高

20191109カルナバイオ決算

 カルナバイオサイエンスが8日発表した2019年1〜9月期の連結決算は、最終損益が11億円の黒字(前年同期は8億2200万円の赤字)だった。4〜6月期に同社が研究開発した新規がん免疫療法の創薬プログラムの開発・商業化について独占的に供与するライセンス契約を米ギリアド・サイエンシズと結び、契約一時金2000万ドル(約21億円)を売上高に計上したのが引き続き寄与した。

 売上高は前年同期比4.9倍の28億円、営業損益は13億円の黒字(前年同期は7億6200万円の赤字)になった。事業分野(セグメント)別の売上高は、創薬事業がギリアド社との21億円、キナーゼタンパク質の販売などを手がける創薬支援事業は前年同期比37%増の7億3400万円だった。創薬支援事業の売上高は1〜9月期としては過去最高を更新した。

 19年12月期の連結業績予想は据え置いた。最終損益は2億1400万円の黒字(前期は12億1000万円の黒字)になる見通しだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告