「豚饅サミットウィーク」初開催、多彩な8店舗が限定メニュー 11〜17日に

20191108豚饅サミットウィーク写真

 神戸の老舗豚まん店である「三宮一貫楼」「老祥記」「四興楼」の3店舗が発起人になって組織したKOBE豚饅(まん)サミット実行委員会は、10日の前夜祭から16・17日のオリジナル豚まん販売日にかけて「第9回KOBE豚饅サミット」を展開する。数字の並びをブタの鼻に見立てた11月11日の豚まんの日には「オープニングセレモニー」を開催し、新たな「KOBE豚饅娘」が就任。さらに今年は、豚まんをイメージする限定メニューを、さまざまなジャンルの店舗が提供する「KOBE豚饅サミットウィーク」を初めて展開する。

 前夜祭は10日夜に三宮センター街で開催。向こう1年間にイベントなどで神戸や豚まんをアピールする「KOBE豚饅娘」を選ぶコンテストを実施する。11日は南京町広場に面した曹家包子館でオープニングセレモニーと、5種類の豚まんを先行販売。16・17日は南京町広場や大丸神戸店の周辺を使って神戸内外の15店舗が、オリジナルの豚まんを販売する。イスズベーカリーが「たっぷり角煮と極厚メンマの豚まんパン」で初出店。5年ぶりに出店する第一楼は「アワビ入り豚饅」を販売し、昨年に続いて熊本から山水亭も出店を予定している。

20191108豚饅サミットウィーク

 初開催の「KOBE豚饅サミットウィーク」に参加するのは8店舗。11〜17日に開催する。中華だけでなく、フランス料理、ベーカリー、スイーツなど多彩な顔ぶれの店舗が参加する。それぞれ、この期間しか食べられない限定メニューを提供。豚饅サミットの盛り上がりを、元町・三宮と広く拡散する。豚饅サミットウィークの参加店、曹家包子館周辺での豚まん販売、大丸神戸店周辺での豚まん販売と全エリアを回る場合はスタンプラリーにも参加できる。所定の4店舗でスタンプを得て応募すると、抽選で三宮一貫楼、老祥記、四興楼で使える「豚まん100個引き換え券」が1人に当たる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告