魚崎〜芦屋の連続立体交差、30日に高架切り替え完了 11カ所の踏切なくなる

20191101阪神高架

 神戸市と阪神電気鉄道は1日、阪神本線の魚崎〜芦屋で進めていた連続立体交差事業で、30日始発から上り線(大阪梅田方面行き)を高架線路に切り替えると発表した。下り線(神戸三宮方面行き)はすでに高架を使用しており、1991年から住吉〜芦屋の約4キロメートルで進めていた連続立体交差事業の高架化が完了。魚崎〜芦屋にあった11カ所の踏切もなくなる。(写真は工事中の高架線=深江駅にて、読者提供)

 住吉〜芦屋の連続立体交差は1983年(昭和58年)に都市計画決定。このうち住吉〜魚崎の事業は2005年に完成していた。住吉川以東の魚崎〜芦屋間は06年に着工。青木駅と深江駅の高架化も順次進めていた。11カ所の踏切がなくなることで、踏切事故の可能性がなくなり、電車の通過によって交通も遮断されず渋滞の要因が減る。青木、深江の両駅にはエスカレーターやエレベータを整備して、乗客の利便性も向上する。

 30日午前には青木駅のホーム上で出発式を開催。久元喜造神戸市長や秦雅夫・阪神電気鉄道社長らが出席する。続いて同駅の高架下で開催する記念式典には、久元氏や秦氏に加えて、議員らや地域住民の代表者、工事関係者ら約180人が参加する予定という。高架化の工事終了後は、引き続き地上に残る上り線や仮駅舎の撤去、側道整備工事などに入る予定だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告