久元神戸市長、神戸空港アクセス「年内にバス増便めど付けたい」

20191027久元神戸市長

 神戸市の久元喜造市長(写真)は27日午前、神戸空港で開いたフジドリームエアラインズの新規就航記念式典の終了後に記者団の取材に応じ、神戸空港と三宮など神戸都心を結ぶ交通アクセスについて「年内にバスを増便するめどを付けたい」と述べ、改善に前向きな姿勢を見せた。現在の主力の交通機関である新交通システムのポートライナーについて、「輸送容量は大きく不足しているわけではないが、午前8時台は大きく混雑しており、ぜひ混雑解消にめどを付けたい」と強調した。

 中長期的には「神戸空港と新神戸駅を結ぶ新しいアクセスが必要になるので、国土交通省など国とも協議して新たなアクセスの手法を検討したい」と、ポートアイランドと新神戸を結ぶ道路の拡幅などを念頭に語った。時期については「できるだけ早く道筋を付けたい」と述べるにとどめた。

 フジドリームエアラインズの神戸空港への就航は、同社にとって初の関西での定期便の乗り入れになる。久元氏は「神戸とはじめとする関西が他の地域にとって直接つながるのは、関西の発展にとっても、他の地域の発展にとっても意味がある」と指摘。「東京一極集中が進む中で、地方同士が東京を介することなく地方都市、地方圏が互いに結びつくのは地方創生にとってとても大きい」との見方を示した。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告