JR西日本、神戸駅のホーム柵は20年度内に整備 昇降式で

 JR西日本は24日、神戸駅の2番のりばと5番のりばにホーム柵を設置すると発表した。2020年度内に使用を開始する計画だ。高さ1.3メートルの昇降式ホーム柵を取り付けるといい、三ノ宮駅に設置したのと同じタイプになる見込みだ。

 同時に山陽新幹線の広島駅(11・14番のりば)、京都駅(2・5番のりば)、西明石駅(5・6番のりば)、鶴橋駅(1・2番のりば)への設置も発表。それぞれ20〜21年の使用開始を計画している。

 JR西日本は16年11月に、年間の乗降客数が10万人を超す14駅と西明石駅で、ホーム柵の整備を進める計画を示していた。神戸市内の駅では今月20日に三ノ宮駅3番のりばでホーム柵の使用を開始。2番のりばも近く使用を開始する。

▽関連記事
・JR西日本、三ノ宮駅と神戸駅にもホーム柵 六甲道と同じ「昇降式」も採用 (2016/11/16)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告