(用語解説)東京モーターショー 自動車見本市から変化めざす、2年に1度開催

20191024東京モーターショー

■東京モーターショー 東京ビッグサイト(東京都江東区)を中心に開催する自動車の国際見本市。日本自動車工業会が主催する。1954年に第1回を開催し、世界5大モーターショーの1つとされる。毎年開催された時期もあったが、2009年から再び2年に1回の開催になっている。

 国内外の自動車メーカーにとって新車や新技術の発表の場。ただ、近年では自動車の電動化などを背景に、異業種による移動手段に関する展示も目立つ。自動車工業会としても、若者に「クルマ離れ」などを意識。車に限らない「移動」を中心とした未来の生活を見せる場に変化をめざす。

 神戸市内の本社を置く主な企業では、川崎重工業、住友ゴム工業、デンソーテン(神戸市兵庫区)が出展した。

 一般公開は10月25日〜11月5日。東京ビッグサイト展示場への入場券は当日券2000円(税込み)など。今回新設した青海エリア(東京都江東区)やトヨタ自動車の体験型ショールーム「メガウェブ」で開催する「フューチャー・エキスポ」などは無料で入場できる。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告